小川洋子「海」。
平成21年に発行された七つの短編小説を収めた文庫本です。
無題1211_1

その短編中に本のタイトルと同じ「海」という小説があります。
今回はこの「海」を考察してみようと思います。











あらすじ

結婚の挨拶をするために、彼女の実家に訪問する主人公とその彼女。
彼女の家族とぎこちない会話をしながら食事をともにする。
主人公は彼女の「小さい弟」と同室で就寝することになった。

「小さい弟」はザトウクジラの胃袋や飛び魚の羽で作った「鳴鱗琴(メイリンキン)」の奏者であった。主人公は弟に鳴鱗琴の演奏を乞うが、鳴鱗琴には海からの風が必要で、家の中では演奏できない。

その後、「小さい弟」は死を装うとこで、敵から身を守るオポッサムの映像を見て、就寝する。

弟が就寝した後に、主人公は鳴隣琴を見ようと手を伸ばすが、箱を開けることなく、そのまましまうのであった。
















全体的に配置された「死」の匂い

この話には「死」を感じる兆候が散りばめられています。

・彼女の実家までの道のそばを流れる「川」
→一般的に、川は世界の境界を示すことが多いモチーフです。
川沿いを歩くことで、死は日常のすぐそばに流れるということを象徴しているのではないでしょうか。
死は生と遠いわけではないという意味です。

・「泉」という恋人の名前
→川や海同様、水に関係する恋人の名前「泉」。
これも世界との境界。死が主人公と隣り合ってることを示しているのではないでしょうか。

・キノコの天ぷらを食べた後のおばあさんからの「毒があるかもしれませんからね。」
→一番死に近い90歳のおばあさんから発された死を暗示するような言葉。
また、このおばあさんは主人公に合掌することも多く、これも死を暗示しているのかもしれません。

・「死に真似」するオポッサム
→主人公よりも頭一つ背が高い「小さい弟」。
その弟は就寝前に「死に真似」するオポッサムの映像を見ます。
オポッサムは「死に真似」することで、敵が怯む瞬間に逃げ出すのです。
これも「死」を連想させます。
さらに、見ているのが背が大きいくせに「小さい弟」と呼ばれる彼女の姉弟。

死に近い老人、そして、最も若い人間もまた、最近まで生きてなかった(生まれてなかった)という意味で死に近いのではないでしょうか。
そのために大きくなっても、若いことを象徴する「小さい弟」と言われるのです。


・海の音を届ける鳴鱗琴
→川と同様に三途の川を彷彿させる海
そこからの風をただ、増幅させるだけの楽器「鳴鱗琴」。
海を三途の川とすれば、海から風は「死の音」。
それを伝える楽器が「鳴鱗琴」という訳です。











これらのことから、最後のシーンを考察します。

小説の終わりは、主人公が「鳴鱗琴」に惹かれ、箱を手にするも、中身を確認することなく、元に戻すことで、終わります。

死の音を意味する鳴鱗琴。

人間は死と隣り合わせで生きています。
そうして、主人公は「死の知らせ」を意味する「鳴鱗琴」を確認することなく、元あった机にしまうのです。

いつでもやってくる「死」の知らせ。果たして人間は自分の「余命」とも言える「死の知らせ」を知りたいのでしょうか。
興味があるものの、知ってしまうことは避けたいと思うのが本能なのかもしれません。

日常は死に溢れています。しかし、それに気付かないフリをして生活をしているのが私たちなのではないでしょうか。














この「海」という作品は、小川洋子の特徴である、キレイな文体で書かれています。
「薬指の標本」を彷彿させる文章です。

またこの文庫本には、他にも数点の短編が納められています。
正直、難解なものもあり、一度に読破しようとすると、結構疲れるてしまうかもしれません。

小川洋子が好きな人にはオススメの小説です。

終わり。





【参考文献】
小川洋子,平成21年3月1日発行,海,新潮社

同カテゴリのブログはこちらから
にほんブログ村 美術 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村